2011年08月22日

【読書中】The Ghost Map: The Story of London's Most Terrifying Epidemic--and How It Changed Science, Cities, and the Modern World

1594482691The Ghost Map: The Story of London's Most Terrifying Epidemic--and How It Changed Science, Cities, and the Modern World
Steven Johnson
Riverhead Trade 2007-10-02

by G-Tools


1854年にロンドンのソーホーで発生したコレラの大量発生。
この事件はJohn Snowというドクターによって調査され、コレラの発生源はある手押しポンプである、と特定された。
これは世界で初めての疫学調査だと言われている。

そのコレラの大発生と、調査したスノーを中心に関連した人々などについて描いたノンフィクションです。
この調査が行われたのはコレラ菌が発見される30年前のことなんですよね。

只今、半分ちょい手前ぐらいです。

ある乳児がコレラに感染し、それが本当にあっという間に広がる様子が描かれてて怖いです(汗)
登場人物たちが活き活きと描かれていて、まるで自分がその場にいるような、ドラマを見ているような感じ。

専門用語は多少出てきますが、基本的にはかなり読みやすいです。

邦訳も出版されています。こちら↓

4309252184感染地図―歴史を変えた未知の病原体
スティーヴン・ジョンソン 矢野 真千子
河出書房新社 2007-12-11

by G-Tools
posted by ぷぅ at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Steven Johnson

2011年08月11日

The Woods、読了。

0451221958The Woods
Harlan Coben
Signet 2008-04-01

by G-Tools


読了しました。ホンマに読みやすかった。

全体に会話が多く、地の文もあまりセンテンスが長くなく、文法的にもシンプルなので読みやすかったようです。この辺が、ベストセラーミステリーのエエとこですな。
もちろんストーリーが面白く、続きが気になるのでグイグイ読めちゃうというのもあります。

Cobenの前作は困った親が事件のカギを握っていましたが、今回もです。
よほど、そういう親に対して腹を立てるような事件があったのか?と考えていまいます(爆)
おそらくアメリカでも問題になっているのでしょうねぇ。

とはいえ、アメリカのモンスターペアレンツは凄すぎる…。
社会の常識を教えるのはもちろん、罪を犯したら罰を受けるのが当然ということを教えるのも親の仕事のウチだと思うんですけど。
子供を守るということの意味を履き違えているとしか思えない。

若い子たちにしてみたら、ホンの出来心だったのかもしれないけど、一つボタンを掛け違うと大変だってことですよね。
とはいえ、軽い気持ちでイジメ的なことをしてしまうってのがそもそも問題だと思いますが。
これほどの大事に至らなくても、やった側は軽い気持ちでもやられた側はそうはいかないんだから。
posted by ぷぅ at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | Mystery : Harlan Coben

2011年08月05日

【読書中】The Woods

0451221958The Woods
Harlan Coben
Signet 2008-04-01

by G-Tools


今読んでいるのはこちら。なんともう半分ちょいです。

やっぱりベストセラーのミステリーって読みやすいわ〜。

森のキャンプで主人公の姉を含む4人の若者が行方不明になった。
二人の遺体は発見されたが、姉ともう一人の遺体は出てこないまま…。

そして20年後。
終わっていたはずの事件が動き始め…。

主人公は検事なんだけど、今彼が担当している事件がねー。
親がモンスター・ペアレント。強力で恥じらいの全く無いモンペ。腹たちますわ〜。
posted by ぷぅ at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Mystery : Harlan Coben